これからマレー語を始める方へ―はじめてのテキスト・辞書のススメ!

今日は、マレー語(マレーシア語)を勉強したい!・・だけど、テキスト(教科書)とか辞書って調べたらたくさん出てくるし・・はじめてにはどんなテキストがいいの?―そんな方の為に、今回の記事はマレー語講師である私が実際にこれは使える!というテキスト・辞書を厳選してお送りします!!どれも私自身も使用していたテキスト(教科書)・辞書で使いやすくてオススメです!では早速みていきましょう♪

スポンサーリンク

はじめてのマレー語!テキスト・辞書のオススメは?

手軽に!でもイチから!マレー語を学んでいきたい方へ

イチからマレー語をやっていきたい!そんな方には上記の『ニューエクスプレス マレー語』がオススメ!私自身もマレー語を勉強するのに一番初めに触れた本で、東京外大でもマレーシア語科一年生の教科書の一つとして使用されていました!CDもついているので、発音もきちんとチェックすることができます♪会話ベースで進行していくテキストスタイルなので、丸ごとフレーズを覚えることでスグにマレー語が話せちゃいます。

マレー語の文法まで!イチからじっくり!やっていきたい方へ

語学をやるなら文法の勉強が必要不可欠!という方に特にオススメの一冊。こちらも東京外大のマレーシア語専攻の教科書として使用されていました。かなり分厚いので、コツコツ根気よく学ぶスタイルの方向け。中身の詰まった一冊です。

じっくり学ぶってより、てっとり早くマレー語が使えるようになるテキストないの?という方にオススメなのがコチラの『旅の指さし会話帳 マレーシア』!その名の通り、指さしして会話をしようと言う本になっているので、マレー語(マレーシア語)が全然できなくてもコレさえ旅のお供にすれば安心な一冊!イラストもとても可愛く、見ているだけで楽しくなる本です。

マレー語の辞書を買ってガッツリ学びたい方へ

しっかりと外国語学習するにあたって、辞書は欠かせないですよね。英語ならインターネットや電子辞書にもたくさんあるのですが、日本語⇔マレー語の電子はまだあまりありません(あっても精度があまり良くなかったり)。「紙の辞書って使いにくい・・?」と現代っ子の方は思うかもしれませんが、使えば使うほど味が出てくるのが紙の辞書のいいところ!私はこの『マレーシア語学習辞典』を愛用させてもらっています。英語⇔マレー語だとか、マレー語での国語辞典のようなものも所有しているのですが、マレー語(マレーシア語)をこれからはじめたい!という方に向いてる辞書は間違いなくコレです。本来、マレー語はただ文章にある単語を引っこ抜いてそのまま辞書を引くことをできない単語も多くあり、接頭辞や接尾辞をとった”語幹”(基本形)の形で辞書を引かなくてはなりません。これが初級者にはなかなか難しい。しかし、この『マレーシア語学習辞典』では、接頭辞がついた派生語から、基本形へたどり着けるようにサポートするページがついているので初級者にも優しい仕様になっていて、大変おすすめの一冊です!!

以上、おすすめのマレー語テキスト・辞書4選でした!

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した以外にも、勿論マレー語を学習できる教科書はたくさんあります。しかしながらモノが多いとかえって選べないってあるあるですよね。なので、今回は私も実際に使用して、はじめてマレー語学習する人にでも使いやすい、わかりやすいテキスト・辞書を厳選させてもらいました。この記事を見て下さったアナタの勉学の助けに少しでもなれば幸いです!!

(追記:実はわたしジマハヅも、マレー語テキストを現在作成中です!完成次第またお知らせしますのでお楽しみに!!)



テキストじゃ物足りない?!実際にレッスンを受けたい方へ

➡よみうりカルチャー荻窪『入門トラベルマレー語』
上記のマレー語講座を私ジマハヅが担当しております!7~9月期の受講、現在絶賛申し込み受付中です♪ 受講生にあったレッスンにしていきますので、ご要望もお待ちしております♪

(追記:2017年9月30日)2017年7月~9月期講座の募集は終了しました!ありがたいことに10月期以降の講座の依頼もいただいていたのですが、あいにく2018年からマレーシアに行く関係でスケジュールが合わず断念させて頂きました。2019年以降講座復活の可能性もありますので、そのときは皆さま何卒宜しくお願い致します。

⇒Youtubeにて、『ジマハヅの!マレー語RADIO!』の方は引き続き不定期配信していますので、そちらをチェック頂けると幸いです♪

スポンサーリンク